WordBench京都、3月

先日、WordBench京都に参加してきました。
今回は、テーマ作成とサイト改善の話を中心とした回でした。

まず登壇されたのは、宮崎 さおりさん。
テーマは「WordPress公式テーマを作成してみてからの変化」でした。
宮崎さんはmocaという公式テーマを作成していく中で
コードをパーツ化していくことが使いまわしに有効であること、
クライアントワークというプラグインが、カスタムロゴの変更に有効だったこと。
を解説されていました。

また、公式テーマを公開してからの、反響があることによって、
テーマをよりよくするフィードバックが得られることが多くあることを感じられたそうです。
やはり、何事も発信していかないと、見つけてもらえない、というのは強く感じました。
あと、テーマを作るにも、プラグインを使うにもまだまだ、知識レベルが自分には足りていないなと再認識です。

次に登壇されたのは プロレス女子 ツカダトモミさん。
テーマは「仕事で初めて子テーマを使ったときに感じたこと」です。
これは僕も取り組みたい部分だったのでとても興味深かったです。
まずは子テーマの概要から導入までの手順を解説されていて、
子テーマへの理解が上がったかなと感じています。

子テーマを使うメリットは、親要素の変更に対応できる
CSSを触れば、見た目を変えやすいこと
機能が豊富でWordPressでサイトをビルドする前提なら楽がしやすく、
小予算に対応できる所だとおっしゃっていました。
逆にデメリットは、基本的にテーマは海外圏のお物が多いので翻訳、理解に時間がかかること、cssの上書きを変更するため、テーマのセレクタの捜索、指定に時間がかかることだそうです。
僕のWordPressサイトはまだ子テーマでカスタマイズをしていないので、これから、環境も作っていろいお試し抵抗と考えさせらえる内容でした。

次に登壇されたのは
小蕎 麻衣さんで、テーマは「UX基礎の基礎orイベントレポート(仮)」。
UI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)の違い、数値化できないUXの概念的な話、当たり前品質と魅力的品質の条件。
家電のリモコンを例にしたUIの説明など、これからWebデザインなどで活用できる考え方や、知識を得ることができました。

日常の中で、UX/UIを意識して感じること、それをアウトプットすること、実際のユーザーに触れることの大切さなど、意識としての部分も感じ取れました。
自分で、デザインするときに参考にするサイトなどをデザインを論理的に観察することも重要と感じました。

次の登壇者は、小原 千秋さんで、「Google Optimizeで始めるA/Bテスト」です。
a/bテストを知らなかった僕には、初めての刺激でした。サイトの設定変更をしてどちらが集客を望めるデザインなのか、どちらがサイトとして機能しているかを調べる工程のことで、必要な手順、導入方法をわかりやすく説明していただきました。

a/bテストに必要なアクセスの最小の目安、サイトの大きさによって、テストを行う範囲を変更するなど、実践的な設定の方法も学ぶことができました。
テーマとは少しずれますが、サイトとして機能させるために、ある程度のビューが必要だということは、現在ビュー数の少ない僕には耳の痛い話でした。
まずは記事数を増やすこと、もっと公開していくことの重要性を再認識させられた発表でした。

最後は、よしぱんさんの、「アクセス解析からのサイト改善の話」です。
googleanalitycsを用いたアクセス解析のお話でしたが、アクセス解析を行うときに便利なプラグインの紹介。導入方法、導入後の使い方まで、丁寧にわかりやすく、ご説明していただきました。

それぞれの機能を使用して、どのページにどの年齢層、性別がいるのか、ユーザーはどの入り口から流入してきたのか、検索ワードは何かなどを分析し、自分のサイトの長所、短所を客観的データでとらえて、では、それを元にどうサイトを運営、改善していくかといった部分もすごく勉強になりました。

以上の登壇者の方々の発表が終わり、フリートーク、懇親会と続きました。
フリートークでは、それぞれの発表に対するフィードバックや、それ以外の相談や、解決法本当に様々なテーマが飛び交いました。正直、今の僕の知識ではくらいついていけなくて、聞いてるだけになってしまい、自分の勉強不足を痛烈に感じる時間でもありました。

懇親会にも参加させていただき、今日のテーマで上がったことの話、名刺交換や、web業界を目指す僕に対するアドバイスや、勉強の方法、取り組みの姿勢など、いろいろな話を聞くことができ、刺激を受けました。

今回の、WordBench京都を通して、感じたことは、まだまだ知識が足りないこと、アウトプット量が少ないこと、アウトプットするとしても、どうアウトプットしていくかの引き出しが少ないことを感じました。
こうしたブログの更新もそうですが、もっとプラグインを試してみたり、サイトの模写をしたり、デザインを作ってみたりと、やれることはたくさんあるのだなと再認識です。
そういったことに付随して、サイトの分析、論理的に考えてのサイトの更新、WordPressでもっと試せること、やってみたいことも出てきてとても楽しい発見となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です