変革のタイミング

先日、宅急便を作った男、小倉昌男氏の著書について記事を書いたばかりですが、

知人から教えてもらった記事を見て、
ヤマトさんのひっ迫した状況を知りました。
まず、ここで、社会の情報に対して鈍感だったなと気づき
一つ自分の成長のタイミングとなりました。

さて表題にも書いた変革のタイミング。
ヤマトさんには今、変革の求められるタイミング、一つの分岐点がやってきたようです。
宅急便を作り出し、運輸業界に新しい風を作り出したヤマトさんが、
不必要な部分の切り離し、新たな可能性、会社の文化を作り出すためのチャンスとなる分岐点になるのか、
そうでないのかはここからの踏ん張りが大事でしょうね。

変革のタイミングは、だれにでも起こりうることで、
いつやってくるかわからないものです。
いざ、そのタイミングが来た時にいろんな考えを構築したり、
周囲から吸収して形を変えていく。
そのための準備を日々の生活の中で積み重ねていきたいですね。

みなさんは、これから起こりうる変革にどう立ち向かっていきますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です